会員登録ログインメンバー検索
<<  2019年07月  >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
※10月13日更新:撮影依
KMZ/LZOS JUPITER-9 85mmF2
コスプレ愛好家をバカにした
岐阜駅から更衣室への行き方
「見捨てられに関する7つの
過去の日記へ
Re:テンションがあがらないの
ローディサイト (7/20 13:28)
Re:テンションがあがらないの
ゆたか (7/20 12:04)
Re:【緊急】またしても緊急事
ローディサイト (7/1 20:55)
Re:【緊急】またしても緊急事
ノキア・デジャルダン (7/1 19:39)
Re:【緊急】重要なご報告
ローディサイト (6/27 18:00)
一覧を見る
KOMURANON 28mmF2.5
ローディサイト
2019年07月12日 18:26
KOMURA KOMURANON 28mmF2.5
〜間違いなく描写がイカれてます。レンズにナメられないように(笑)〜


KOMURA(コムラー。三協光機)はかつて日本に存在した交換レンズ専業メーカーの1つ。
創業は1951年でしたが交換レンズメーカーとしては前年の1950年に創業したタムロンやトキナーよりも先に頭角を現しており、1960年代からコストパフォーマンスの高い製品を供給し市場でも一定の支持を得ていました。しかし1970年代に勃発した内紛をきっかけに急激に業績が悪化、1980年に経営破綻。あえなく消滅の憂き目に…
コムラーが消滅した後から日本の交換レンズ専業メーカーが本格的にタムロン、シグマ、トキナーのいわゆるレンズメーカー御三家の時代へと突入していったことが、コムラー消滅の影響の大きさを物語っています。


今回とりあげるKOMURANON(コムラノン)28mmF2.5は1975年ごろからコムラーが倒産する直前まで市場に供給されたレンズ。
コムラノンレンズに採用された交換マウントはタムロンのアダプトール2に近い方式でしたが、コムラノンの交換マウントは交換マウント側の絞りリングの表示がレンズ本体のF値と揃っていないと正常に作動しないように出来ていた点や交換マウントの部品にプラスチックを多用していたために耐久性に難があるなど設計に無理があり、完成度ではタムロンのアダプトール2より劣っていました。

フィルター径は58mm。絞り開放F2.5のレンズであることを考えても大柄なレンズで、小柄で明るいKIRON(キロン)28mmF2(右)と並べるとそのデカさがわかります。
また、このレンズはピントリングの1.5mと3mの2か所でクリックが入ります。故障ではないので勘違いしないように。

コムラノンの場合、M42用の交換マウントにはES用と写真のSP用があり、ES用は開放測光用レバーがM42用マウントアダプターのピン押し板に干渉する場合があるうえに完全自動絞り、SP用はA-M切り替えレバーがあるものの入手がかなり難しいので、ニコンF用を使うのが一番手っ取り早い方法です。
なお、絞り開放F2.5に対応した交換マウントを持っている部品取り用のコムラノンレンズはヤフオクでジャンク品を根気よく探せば見つかります(送料を入れて2〜3千円が目安)。

・絞りによる描写変化







上から絞り開放(F2.5)、F2.8、F4、F5.6。
絞り開放の描写はクセが強過ぎ。コマフレアが盛大に発生していることもあってピントがあっている場所がハッキリとしません。そのうえ周辺光量の低下が目立ちます。F4まで絞れば周辺光量不足はほぼ改善され、F5.6では手前から奥まで鮮鋭な画像が得られます。

冒頭でも書いたように、このレンズの描写は明らかにイカれているだけでなく、レンズのほうがカメラマンをナメているフシがあります。
このレンズがどれだけカメラマンをナメた写りをしているか、作例写真で追ってみましょう(笑)

・作例写真(EOS6Dで撮影)



いずれも絞り開放(F2.5)。満開の桜を入れて鉄橋を渡る電車を撮影。上と下でピントの位置を変えました。パッとみた限りでは手前の桜にピントを合わせた下の写真はまだマトモな写真であるものの、電車にピントをあわせた上の写真はコマフレアが盛大に発生。ファンタジックというべきかエキセントリックというべきか…

絞り開放。奥にピントを合わせたがつかみどころがない…奥の点光源には点光源に60度の扇型のフレアが伴うサジタルコマフレアが発生。

絞り開放。奥の高層マンションにピントを合わせて撮ったものの、手前はボヤッとした描写に…そして画面周辺の点光源にはコマフレアやサジタルコマフレアが発生。絞り開放時の理解に苦しむ描写がコマフレアやサジタルコマフレアによるものであることがわかります。



絞りF11。絞り込んで長時間露光撮影をすると表情が一変。上は20秒、下は25秒露出。画面全体に透明感があり噴水の周辺にある水面の質感描写が絶妙!そのうえ青やバイオレット系の色の発色がよく、絞り込んでの長時間露光には相当強いレンズだといえます。

・作例写真(EOS6DMk2で撮影)

絞り開放。岐阜まつり・宵宮。しだれ桜は最短撮影距離(30cm)付近に合わせ、奥の山車や神輿をボカして撮影。この距離でも桜の花にフレアが発生しているものの、使い方によっては良いアクセントになる一例。ただ背後のボケは点光源のコマフレアといい、カメラマンをナメてますね(笑)

絞りF16、25秒露出。水面に落ちた桜の花びらが風で流されるのをみてすぐさま長時間露光撮影を仕掛けたもの。新緑の鮮やかな緑の発色にも注意。

絞りF8。広角レンズ特有のタル形の歪曲収差が気になる構図ですが、このレンズは大柄なためか歪曲収差がよく補正されています。

絞りF5.6。玉造温泉駅でのスナップ。逆光にはあまり強くなく、西日が入るとすぐこうなります。しかし、この画面から郷愁を感じるのはなぜ?

絞り開放。2019年6月の梅コスにおける京都鉄道博物館での夜間貸切撮影で撮ったイゴマルことEF58 150。コマフレアによる微妙な滲み…往年の夜行列車のムード満点の1枚。40年前にこのレンズが鉄道写真で受け入れられなかったところに、鉄道写真を含め、鉄道趣味自体が硬直化しているかがわかる、そんな1枚。

絞り開放。最後はやはりこれ。前述のとおり歪曲収差が少ないからこそ作品として成り立つ写真であることを忘れてはいけません。

・入手の経緯
2019年3月にヤフオクにて個人出品者からコムラノンレンズ2本(28mmF2.5、90-250mmF4.5)のジャンクセットを3千円+送料で購買しました。
商品説明では光学系の状態はよく、外観も使用感が少ないなど年式の割にはきれいな個体であるものの、肝心の交換マウントが1個しかなくそれも壊れているとのこと。偶然にも締め切り数日前に手元に届いた別のジャンクレンズセットのなかにコムラノンのズームレンズがあり、それについていた交換マウント(ニコンF用)が開放F値2.5に対応していたうえに絞りリングも手入れして何とか動く状態だったため、これに交換すれば何とかなる、と判断して4千円で入札。ほかに入札者はなく開始価格の3千円で私のものになりました。2日後に届きましたが、届いていたときについていた交換マウントはやはり壊れており、手持ちの交換マウントに交換したところ、無事に動くようになりました。

・中古相場
ヤフオクでの中古相場は並品では3千〜5千円、美品〜良品では5千〜8千円。
価格もさほど高くなく、タマ数そのものはそこそこ出てきますが光学系にカビやクモリが発生している、絞り羽根に粘りがあるなど状態に難のある個体が多いので注意が必要です。
また、交換マウントが何かと制約の多いミノルタMD用やペンタックスES用である個体も多く出回っているので、F2.5に対応したニコンF用交換マウントを別途に調達することを頭に入れておく必要があります。

1970年代に誕生したレンズであるにもかかわらず、このレンズの描写はどう考えてもオカシイ、いろんな意味で「イカれている」といわざるを得ません。
同じコムラノンのF2.5レンズには他に24mm、35mm、100mmがありますが、これら3本の描写には強烈な個性はないため、コムラノン28mmの描写の異様さが際立ちます。
このレンズの設計者は頭のネジが数本飛んでいるのか?と疑いたくなるようなエキセントリックな描写は登場時には見向きもされなかったものの、デジタル時代においては超がつくほど個性的な描写であることから、ついにはこのレンズだけで撮影した写真集を電子書籍(Kindle)で出版した人が現れたほど。
世界的にも人気の高い、ゴッホやモネ、ルノワールに代表される後期印象派の画家が描いた絵画にインスピレーションを得て設計したのか?それとも単なる偶然の産物なのか?

ただよく写るだけの没個性化した描写のレンズが氾濫している現代だからこそ、エキセントリックな描写のレンズに振り回されるのを受け入れられるだけの度量を身につけたいものです。

オールドレンズ過去ログ(国産)
https://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=256416&pi=6965036
オールドレンズ過去ログ(外国産)
https://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=256416&pi=6965037

マイニュース
・FW浅野 もうカッコつけない
・釜石開催中止 少女想いに反響
・台風で振り出しに 千葉で嘆き
・奥多摩町で約100人が孤立
・運命か 平尾さん命日に南ア戦
・15日朝 首都圏の鉄道の動き
・台風19号 激甚災害に指定へ
・元f(x)のソルリさん死去
・コスプレサミット日本代表チーム決定!
・ごみを拾って無料コスイベ
・6月のおすすめイベントを紹介