会員登録ログインメンバー検索
<<  2019年02月  >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
時代に応じた対応を
花菜(かな)ガーデンコスプ
進歩する事が成長へ。
久しぶりに作った手縫いのジ
あと3回
過去の日記へ
Re:進歩する事が成長へ。
ポンポン (4/10 22:32)
Re:進歩する事が成長へ。
紫苑 (4/10 22:09)
Re:あと3回
ポンポン (3/24 4:48)
Re:あと3回
 (3/23 21:33)
Re:カメラが…
ポンポン (3/19 16:33)
一覧を見る
カメラが…
イベント: ヨコハマのコスプレイベントといえばココフリ!『ココフリ at 横浜PORT SIDE』【事前予約制】
ポンポン
2019年02月24日 17:18
 主に神奈川県内でコスプレ撮影イベントを開催されています、ココフリカンパニー様主催の”象の鼻パークイベント”に2月23日、参加してきました。
 23日はJCF様(ジャパン・コスプレ・フェスティバル)主催のとしまえんのコスプレイベントの参加を私は考えていました。ところが数日前から2月23日の天気予報ですと、雨と発表されていました。雨の中でのとしまえんの撮影もなかなか楽しいのですが、やはり雨に濡れながらの撮影はそれなりに工夫がいります。特にカメラが濡れないように気を使いながらの撮影は神経を使います。水分がカメラ内に入ってきますと故障の原因につながりますので出来れば雨は避けたいのです。
 コスプレイベント地、当日の気象の情報は常に見ているのですが、当日にならないとわからない事もあり、気象庁の発表と照らし合わせて参加の判断をしなければならないのは、参加をして良かったかどうかの、まるで賭けをしているような印象が私にはあるのです。22日の夜の段階ではとしまえん周辺は曇り予報でした。雨予報が曇りになり、少しは天気が回復してきたのだろうと感じました。でも…心配が頭をかすめまして、23日は諦めて24日のとしまえんイベントへの参加を予定しました。
 
 翌日の朝になり、驚いたのは曇り日独特の薄暗さが感じられない明るさが上空に見えているのです!
”これは晴れてくる。これだったらイベントに参加できる。でも衣装の用意とコーディネートを全く考えていない。どうしよう…”
 24日に参加を決めていたものですから急に衣装やコーディネートを考えなくてはならない時間がなく、急場しのぎで数日前に考えましたコーディネートをキャリーカートに積み込みます。
 実は23日はとしまえんのイベントと横浜港が見渡せます象の鼻パークイベントが重なっていまして、どちらでも撮影は楽しいです。でも、私にとって近場は横浜ですので象の鼻パークイベントの参加に決めました。
 象の鼻パーク周辺は良く晴れました。イベントはいつも午後2時から開始されます。既に何回か象の鼻パークイベントには参加をした事があるので撮影地の環境の見当はついています。海が目の前ですので風が時より強く吹きますし、太陽光線の変わり具合は早く、状況が目まぐるしい事もあります。特に風よけの対策をしっかり考えておかないと、帽子は風に飛ばされるでしょうし、三脚に載せたカメラごと瞬間的な風に倒される危険は、私も何度か経験があります。それがために”壊れた!”となるとショックが大きいです。実際に私のカメラは電源を入れますとレンズが沈胴式ですので、何回か倒れた衝撃からレンズの正面を保護する上下のカバー機能の一部が故障しています。それでも撮影は出来るので使っています。
 イベントの受付と更衣室が用意されていますシルクセンターの地階でイベントでの注意事項のお話を受けた際に”今日の象の鼻パークは風が特に強いです”と説明がありまして、2時半過ぎに着替え終えてからシルクセンターの外にでますと、吹く風がかなりの強さで驚きました。
 ”これは気を付けなければ。侮れない!”
”象の鼻”と呼ばれる突堤での撮影は、うかうかしていると強く吹き付ける風に物が飛ばされるスリリングさ、風に負けないようにポージングをする我慢比べの感覚、そして撮影が無事に済みますようにと、ハラハラと気持ちが焦りながらの楽しさもありました。カメラを載せた三脚が風に倒れないように、重石代わりに荷物を括り付けての撮影は何とかなりましたがやはり突発的な風が吹き”ガシャン!”と倒されてしまいました。今度はついにカメラは使えなくなるのだろうかの不安が頭をよぎりました。
 …でも、大丈夫でした。まだ動きます。
 
 当日に参加された方々は風の強さに撮影が大変だったのは伝わってきました。カラコンをされている人は強風で眼が辛かったのではないでしょうか。
 何度か撮影している場所だから環境は見当ついている、の軽い気持ちは浅はかであったのを知らされたのです。現場では常に何が起きるのかわからないので、予測の必要と不測の事態から即座に機転を働かす、いい教訓になった23日のイベントでした。

全てを表示1最新の10件を表示
1:  
2019年02月24日 17:53
カメラがご無事で何よりでした☆
なるべくならカメラを載せる三脚は高価で三脚自身に重量がある方が倒れにくいです。
一番良いのは砂袋や水を入れたペットボトルや荷物を三脚に吊り下げる事と
三脚の脚を伸ばさずに重心を低く構える事、あるいは壁や木などの近くに置いて前後を自分の荷物で固めて三脚が倒れなくしてしまうか、倒れても荷物の上にカメラが落ちて荷物がクッションになるようにする事です。
三脚は倒れる時必ず脚と脚の間の方向(脚がない方向)へと倒れるので3方向を塞げばまず倒れなくなるものです。

あとハードオフさんとか中古カメラ屋さんに高級な三脚が中古で安く売ってるかもしれませんね。
実際お店で三脚を立ててみて雲台(カメラ載せる所)を左右に少し揺すってみると安物はすぐにぐらつきますが高価なものはかなり耐えます。 
2019年02月24日 19:56
qさん。
コメントをありがとうございます。
三脚については前から丈夫で、ある程度は重く、高価なほうが良いだろうと考えていました。昨日の撮影では、その問題点について反省をしました。qさんのおっしゃいますとうりに、せめて三脚だけでも、なるべく良いのを選択しようと思いました。
ハードオフさんですね。わかりました。ありがとうございます。 
3: じゅん 
2019年02月25日 19:22
無事でよかった!!
高額ですからぁー 
2019年02月25日 19:49
じゅんさん
こんばんは。コメントをありがとうございます。
いやー、何とか無事です〜。
今回はまいりました。イベントが始まって約30分ぐらい過ぎた時に、風で三脚に備えたカメラごと倒されたので、撮影は出来ないかも、と焦りました。
シャッターが切れますし、電源のオン、オフも大丈夫です。ピントも大丈夫でした。まだ使えます。
動いて本当に良かったでした! 
5: ぼん 
2019年03月06日 14:20
カメラ壊れちゃわなくて良かったですね(。>д<)
ここの会場は行ったことないのですが、
ポンポンさんのお写真で見て、
ストリートっぽい壁とか海辺の感じの雰囲気よいところですね(ФωФ) 
2019年03月06日 16:48
ぼんさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。
カメラは大丈夫でした!
この会場はなかなかいいですよ。
参加をおすすめします! 
7: じゅん 
2019年03月19日 15:46
>>4:ポンポンさん
動けば大丈夫です。
本当に外の撮影や暗いとこの撮影は風邪やら視界でカメラ壊したり大変ですよねぇ 
2019年03月19日 16:33
じゅんさん。
コメントをありがとうございます。
外の撮影は何が起きるのかわからないので、それが楽しい事もありますが、何も起きないほうがやはりいいですね。 
全てを表示1最新の10件を表示
コメントを書く  トラックバック  過去の日記へ
マイニュース
・筧被告心境「死んでおわび」
・春の褒章 石川さゆりらに紫綬
・九州南部で大雨 避難情報も
・維新と公明 都構想へ基本合意
・NGT48 今後の活動は白紙状態
・G上原 シーズン途中で引退へ
・丸山氏 露に謝罪した維新批判
・肩こりに効く 鎖骨ほぐし5秒
・レイヤーから声優デビューへ
・5月のおすすめコスイベを紹介
・本物そっくり消えるタトゥー