会員登録ログインメンバー検索
<<  2019年09月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
       
黄色いタオル
そろそろ大体的な修理を・・
宝物探し
時代に応じた対応を
花菜(かな)ガーデンコスプ
過去の日記へ
Re:黄色いタオル
ポンポン (9/9 16:25)
Re:黄色いタオル
たかみ☆ (9/9 15:52)
Re:そろそろ大体的な修理を・
ポンポン (8/5 17:41)
Re:そろそろ大体的な修理を・
たかみ☆ (8/5 17:19)
Re:宝物探し
ポンポン (6/9 21:00)
一覧を見る
黄色いタオル
イベント: 【横浜港を一望できる絶好ロケーション解禁!】『ココフリ at 横浜PORT SIDE & 大さん橋』異国情緒溢れる港街ヨコハマの名所
ポンポン
2019年09月09日 08:47
#大さん橋 #象の鼻パーク #ココフリポートサイド

 ”8月は毎年のように暑いからイベントに参加するのは体力的にちょっとつらいな…”

  昨年の夏は、思い出したく無いほどの暑さの記憶があります。今年は昨年よりも、地域差はあるでしょうがいくぶん過ごしやすいかな、と感じます。しかし、暑いのを我慢して炎天下の屋外撮影は危険です。ですから今年の8月は、どのコスプレ撮影イベントにも私は参加しませんでした。
  ありがたい事に8月の下旬頃から暑さが少し和らいできた感じがしまして、9月1日に横浜の象の鼻パークで行われましたコスプレ撮影に参加してきました。今回のイベントは、象の鼻パークに加え横浜大さん橋埠頭の撮影が追加されています。大さん橋埠頭の撮影は年に今のところは2回〜3回です。象の鼻パークでの撮影よりも機会が少ないので、貴重な体験になりました。
 大さん橋埠頭は、国際旅客船ターミナルですから海外からの客船が停泊します。近年の客船は船体が長く、乗船客が数千、重量も数万トン、もしくは10万トン級です。そうした大型船に合うような長い作りの埠頭になっています。

 象の鼻パークでの撮影イベントは、いつも午後2時から始まります。海が目の前ですので、天候次第で気象の変化に富み、好・悪条件のどちらでも素晴らしい写真が撮れますから人気があります。大さん橋の撮影は午後4時と決まっていますので、それまでは象の鼻パーク内で撮影をしました。
 港の上空は秋晴れに恵まれ、多少の残暑はありましたが海からの風は涼やか。港の風を肌に受けながらの撮影はとても心地よく感じます。
″象の鼻″に似ている形の埠頭から大さん橋を見ますと、丁度当日の午後5時に出港予定の、大型客船が停泊していました。そびえるような高さと、見る者を圧倒する大きさには驚きました。船体の長さも明らかに100メートル以上です。″洋上のホテル・マンション″の形容に納得させられるのです。

 約1時間30分ほど象の鼻パークで撮影を終えて、暑さから涼を得るために、イベントの受付と更衣室に充てられているシルクセンターに戻り、20分ぐらい休憩。午後3時50分にはシルクセンターを出まして、午後4時までの数分間を大さん橋の手前で待ち、その間に停泊しています大型客船を見ていますと、最近の客船の形は全体的に″箱形″を想像させる作りであるのがわかります。おそらく風の抵抗に合いにくく、進む速度に無駄の無いような理想の作りが箱形なのかもしれません。
 そして午後4時になり大さん橋埠頭へ。私は実に約12〜3年ぶりに行きました。久しぶりです。横浜港を見渡せる大さん橋の屋上からはランドマークタワーのある再開発地区、赤レンガパーク、ベイブリッジ、工場群が望め、とても見晴らしが良く、埠頭なのですが海上にある公園なのです。当日は海からの風が強くなく、ほどよい涼やかな吹き加減に、秋風を感じ、それは夏を終わりを告げているようでした。風の強い日ではデッキにいるのが難しい事もありますので当日は撮影に好条件でした。
 屋上デッキは実際の船の甲板に使われている木材です。デッキを歩くと″ギシギシ、カタカタ″と聞こえ、足裏から伝わってくる感触はガーデニングのウッドデッキを思わせます。また屋上デッキは全面にわたり平坦では無く、場所によっては起伏があり、起伏に応じた木造デッキが、歩く者にバランスを取りづらく、不安定感を抱かせる独特の作りは気を付けないと転倒しかねない危険があります。
 大さん橋に停泊しているそびえるような高さの客船名は″ダイヤモンド・プリンセス″と記されていました。英国旗がはためき、母港はロンドン。全長290メートル、重量10万5千トン、乗客数2700名。真っ白い船体に幾何形体状の青色のデザインが見映え良く彩色された美しさから、マリンルックを思わせる配色に粋でおしゃれを感じさせます。造船は長崎の三菱造船所です。以前は日本の造船業界が他国からの受注で忙しい景気にわいた時期もがありましたが、お隣の国、韓国が造船業ではリードしています。日本製の豪華客船が世界で使われているのは誇りを感じます。
 普段から見慣れない大きい船体に驚きつつ背景に何枚か撮影をしていますと、出港時刻の午後5時を迎え、ダイヤモンド・プリンセスは数回の汽笛を鳴らして、白い船体に夕陽が映え、ゆっくりと厳かに出港して行きました。大さん橋では出港の際に見送りでデッキに来た多くの方々に黄色いタオルが配られます。黄色いタオルで”航海の安全を祈る”願いを込めて振っての見送りが恒例となっています。
 たくさんの黄色いタオルに振られて出港する光景は感動的でした。

 季節の移りようは明らかに秋を告げ、夕暮れが早足で進んでいるのが実感できます。5時半過ぎに陽が傾き、ランドマークタワー近くにある大観覧車にはネオンが灯っていました。赤レンガパークでは賑やかにイベントが行われていて、港周辺に遊びに来られた方々には楽しい週末だったと思います。大さん橋でのコスプレ撮影は19時30分まで可能とありましたが、私のカメラはコンデジで、しかも自撮りですから、撮影が難しいので6時にはイベント地を後にしました。
 大さん橋から見える横浜港周辺の夜景はとても美しいので、コスプレ撮影では素敵な作品になるでしょうから、大さん橋の撮影イベントが発表されましたら、是非とも参加を私はおすすめします。

全てを表示1最新の10件を表示
2019年09月09日 15:52
ポンポンさんお疲れ様です。今年の夏は去年に比べればまだマシだと私も感じましたね。

ダイヤモンドプリンセス号お写真で見ても凄い迫力ですね!まじかで見たらもっと迫力あるでしょうねー!
幸せの黄色いタオルですね♬♡ 
2019年09月09日 16:25
>>1:たかみ☆さん

こんにちは、たかみさん。
いつもコメントを下さいまして、ありがとうございます。
おっしゃるとおりで、今年は昨年よりかは、楽だったなぁ、と感じました。でも来年は暑くなるとの予測が出ています。気を付けたいですね。
ダイヤモンド・プリンセス号は、とにかく迫力でした。すごいな、しかありませんでした。
大さん橋では、見送りに黄色いタオルを振るのが恒例となっています。航海の安全と幸せな旅行を願い、黄色いタオルなのでしょう。素敵な見送りの光景を見れ、思い出深い今回のイベントでした。 
全てを表示1最新の10件を表示
コメントを書く  トラックバック  過去の日記へ
マイニュース
・審判さえ欺く 南アの速い出足
・酷使された象を保護区に 南米
・笑わない男 稲垣啓太が男泣き
・台風北上 21日夜は広く雨か
・松岡修造に司会「楽屋帰れ」
・台風 孤立続く埼玉紅葉の名所
・5.6万棟被害 西日本豪雨超え
・即位礼厳戒 全国から機動隊員
・コスプレサミット日本代表チーム決定!
・ごみを拾って無料コスイベ
・6月のおすすめイベントを紹介